カテゴリー: 保湿ケア

顔脱毛をするときは日焼けに注意すること

顔の産毛があると顔色が悪くみえたり、くすんでみえたり、ファンデーションののりが悪くなってしまうことがあります。
顔脱毛をすることで、くすみや肌の明るさ、お化粧ののりなどはもちろん、基礎化粧品が浸透しやすくなるといったたくさんのメリットがあるといいます。
顔脱毛は女性だけではなく、男性も施術を受けることが最近は増えてきているといいます。女性の場合は顔全体の産毛などを処理することが多いのですが、男性の場合はひげが濃すぎるので薄くしたい、という人も多いということです。
顔の脱毛はレーザーや光などで施術を行うことが多いのですが、どちらがより効果があるのかというと、どちらも効果はきちんとあります。クリニックで脱毛を行うときにはレーザーが使われることが多いのですが、エステなどでは光を利用した施術が多いといいます。レーザーは出力が高いのできちんと知識を持った医者が施術を行うほうがいいということで使われています。レーザー脱毛のほうが効果がわかりやすいかもしれないけれど、光脱毛も十分に顔脱毛の効果を実感することができる、ということです。
また、顔脱毛の施術を受けるときには日焼けに注意をしておく必要があります。
レーザー脱毛も光脱毛も黒い部分に反応して毛根をやっつけているので、日焼けをしていると肌にも反応してきれいに産毛を処理することができない可能性があります。なので、日焼けは脱毛の施術の前後にはしないように気をつける必要があるのです。

顔脱毛にかかる回数と期間

ワキや腕、脚が今までの脱毛の人気箇所でしたが、最近は顔脱毛の人気が高まっています。男性のようなヒゲはありませんが、女性にも顔には産毛が生えていて、産毛があることでメイクが崩れてしまったり、顔色が暗く見えるというデメリットがあるためです。脱毛にはいくつか方法がありますが、どの方法でも1回の施術ではムダ毛を全てなくすことはできません。その理由は、毛周期と呼ばれる毛の生え変わりです。人間の毛は常に生え始めから成長し、抜け落ちるというサイクルを繰り返しています。脱毛できるのは成長期の毛だけなので、何度も繰り返して施術を受けることで、少しずつ毛を減らしていきます。そのため、顔脱毛を1回したからといって、すぐにツルツルのお肌になれるわけではありません。
毛の生え方には個人差がありますが、効果が出てきたと感じるまでの回数は6回ほどで、ムダ毛がなくなるまでの回数は10回以上です。あくまで平均的な数字なので、これより少ない回数で終わる人もいますし、これ以上かかる人もいます。毛の生え変わりに合わせて1~3ヶ月ごとに施術を受けていくので、脱毛が終わるまでの期間は最低1年、長ければ3年かかる人もいます。産毛は完全になくすのが難しいため、ある程度自己処理が楽になった時点で施術を辞める人もいます。自分の目指すゴールを決めて顔脱毛に行くといいでしょう。脱毛の痛みはそれほどでもありませんので、痛みに弱い人でも安心して施術できます。

顔脱毛はレーザーか光を利用した施術で行う

顔の産毛があると、顔色がくすんでみえたり、お化粧ののりがよくなかったり、ということがあります。
そのようなことを改善するためには、顔脱毛の施術を受けて肌を明るくきれいにみせるようにするといいです。
顔脱毛の施術を受けることで、基礎化粧品の浸透がよくなったり、ファンデーションののりがよくなる、肌がワントーンほど明るくなるなど、よい効果を期待することができます。
顔脱毛の施術ではレーザーや光を使われることが多いです。
レーザーは出力が強いのでクリニックなどで利用されることが多いといいます。レーザーに関する知識と実績のある医者が脱毛施術をするほうがいいということが理由です。また、エステなどでよく利用されているのが光です。光脱毛はレーザーよりも効果が弱いという人もいますが、きちんと回数を重ねていくことできれいにムダ毛を処理することも可能です。なので安心して脱毛施術を受けることができます。
脱毛施術の後に気をつけなければいけないこともあります。それは日焼けをしないようにする、ということと、肌の保湿をしっかりとしておくということです。脱毛施術を受けた後に乾燥肌になったという人もいるといいます。脱毛後にしっかりと保湿をすることで乾燥しにくいようにしておくことが大切です。
脱毛施術を受けるときに日焼けを気をつけなければいけない理由があります。レーザーや光は黒い部分に反応して毛根をやっつけていきます。なので、日焼けをしているときれいに脱毛できない可能性があるからです。

脱毛した後はしっかりと保湿しましょう!

脱毛すると必ずお肌は乾燥してきます。ですから忘れずに保湿ケアするようにしましょう。

それでは保湿と言ってもどのようにすればいいでしょうか?

化粧水や乳液、美容液、保湿クリームなどいろいろな保湿ケア用品がありますが、今回は保湿クリームについてお話します。

保湿で大事なのは水分と油分のバランス

保湿しようと思うと水分が多いほうがいいのか、油分が多い方がいいのかは悩みますよね。

実際に乾燥肌や脂性肌などの、お肌の悩みによってそこは調整する必要があります。

保湿クリームでいま人気のニベア青缶やユースキンというのは、かなり油分が多めなクリームです。

しかもテクスチャもかなり固めなので、伸ばしてなじませるには結構ぐいっといかないと難しいです。

脂性肌にはちょっと油分が多すぎるかもしれないですね。

ニキビが出来てしまう可能性もあるので、使うときは十分に注意してくださいね。

そして、ニベアやユースキンなどで保湿する前には、化粧水でしっかりと水分を補充してあげるようにしましょう。

保湿クリームはあくまでお肌の表皮から水分が蒸発するのをふせぐためにフタをするイメージです。

皮膚の中の水分がなければフタをしたところで意味が無いですよね。

ワセリンも安価なクリームですが、石油製の製品になるので、選ぶ際は十分に注意してくださいね。